もう始まっている争奪戦…清原の更生阻むTV局の“商魂”

公開日:  更新日:

 覚醒剤取締法違反罪に問われた元プロ野球選手、清原和博被告(48)の判決公判が31日午後1時半、東京地裁で開かれ、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の有罪判決が言い渡された。今後はどのようなタイミングでどの分野に復帰するかが注目されるが、その清原被告のテレビ復帰は「案外、早い」と予想する声が多い。

「清原被告が3月17日に保釈され、現在の支援者や人間関係が明らかになり始めると、すかさず複数のテレビ局が周辺にコンタクトを取っています。ぜひ、うちの局で独占インタビューを、というわけです。『金スマ』でのベッキーの“謝罪特番”で味をしめ、もともと清原とつながりが深い制作幹部もいるTBS、逮捕前に清原被告のお遍路を密着していたNHKなどが候補と囁かれているのはそのためです。模様眺めの局も、復帰の反応を見たうえで我も我もと続く可能性が高い」(芸能プロダクション関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る