もう始まっている争奪戦…清原の更生阻むTV局の“商魂”

公開日: 更新日:

 覚醒剤取締法違反罪に問われた元プロ野球選手、清原和博被告(48)の判決公判が31日午後1時半、東京地裁で開かれ、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の有罪判決が言い渡された。今後はどのようなタイミングでどの分野に復帰するかが注目されるが、その清原被告のテレビ復帰は「案外、早い」と予想する声が多い。

「清原被告が3月17日に保釈され、現在の支援者や人間関係が明らかになり始めると、すかさず複数のテレビ局が周辺にコンタクトを取っています。ぜひ、うちの局で独占インタビューを、というわけです。『金スマ』でのベッキーの“謝罪特番”で味をしめ、もともと清原とつながりが深い制作幹部もいるTBS、逮捕前に清原被告のお遍路を密着していたNHKなどが候補と囁かれているのはそのためです。模様眺めの局も、復帰の反応を見たうえで我も我もと続く可能性が高い」(芸能プロダクション関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る