• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初公判で味を占め 民放各局は清原被告で「視聴率荒稼ぎ」

 朝刊のラテ欄に〈速報中継〉〈総力生中継〉といったあおり文句を並べただけのことはあったようだ。覚醒剤取締法違反の罪に問われた清原和博被告(48)の初公判。17日朝の傍聴券配布の大行列に始まり、法廷の様子を逐一“総力生放送”した民放各局のワイドショーは、軒並み視聴率をアップさせた。

 日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」の平均視聴率は10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=第1部の数字、以下同)で、前日より2.4ポイント増。続くフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」は1.5ポイント増の4.6%。TBS系「ゴゴスマ」に至っては前日の視聴率が1.7%に対し、4.1%(2.4ポイント増)まで上昇した。

 TBSは日頃から高視聴率をマークする昼の情報番組「ひるおび!」からアクセル全開。MCの恵俊彰(51)が「現在の時刻は1時31分31秒です。あと5分ほどはこちら(スタジオ)でつないで……」とカウントダウンしながら裁判所前の記者を待ちうけていた。雨がそぼ降る中、息を弾ませながら法廷内の様子を伝える記者リレーでライブ感を前面に押し出したフジ「グッディ」の演出にも生中継ならではの緊迫感が漂っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

もっと見る