• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清原事件で“組対5課vsマトリ”過熱 早まる大物俳優逮捕説

 ASKA(58)、清原和博被告(48)のシャブ逮捕と、立て続けに“金星”を挙げている警視庁組織犯罪対策第5課。その組対5課が次に狙うのが「大物俳優のX」と、20日発売のフライデーが報じ、芸能界に衝撃が走っている。

 同誌によると、Xは映画、舞台と幅広く活躍。NHKの大河ドラマや紅白歌合戦に出演したことがある大御所というからシャレにならない。

「にわかには信じ難い話ですが、確かにXさんはここ数年、体調を崩して入院したり、テレビの収録を休むこともありました」(業界関係者)

 清原被告に続いて大物俳優となれば、またもや組対5課の金星となるが、それを苦々しく思っているのが、厚労省関東信越厚生局麻薬取締部、通称マトリらしい。組対5課の“ライバル”だ。

「Xについてはマトリも内偵を進めているという情報があって、『清原被告の二の舞いになるんじゃないか』と関係者はやきもきしているそうです。マトリは組対5課より早く、清原被告と“ヤク仲間”を一網打尽にしようと動いていたんですが、結局、組対5課に手柄をかっさらわれ、現場も幹部もカッカきていた。そのうえXまで横取りされたら、マトリの面目丸潰れでしょう」(厚労省事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る