すぐ“死”を口に 清原被告「言葉と涙」の耐えられない軽さ

公開日: 更新日:

「命を絶つことばかり考えていた」

 断っておくが、役者がドラマや演劇の中で口にしたセリフではない。もうじき50歳になろうかという大の大人が、何度も公の場で自殺をほのめかしている。清原和博被告(48)のことだ。

 17日の初公判では検察側の被告人質問で、これまでも(クスリを)やめようと思ったというがと聞かれ、「恥ずかしい話ですが、何度もやめるために自ら命を絶つことばかりを考えていた」と答えたのだ。

 昨年4月、TBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に1年ぶりでテレビ出演した際には、週刊誌に薬物疑惑を報じられて過熱する一方のバッシングについて触れ、「自分自身を否定するようになった」「いっそ死んでしまおうと思った」などと話した。

 05年8月末、巨人から戦力外通告を受けたときもしかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  4. 4

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  7. 7

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  8. 8

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  9. 9

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る