• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

すぐ“死”を口に 清原被告「言葉と涙」の耐えられない軽さ

「命を絶つことばかり考えていた」

 断っておくが、役者がドラマや演劇の中で口にしたセリフではない。もうじき50歳になろうかという大の大人が、何度も公の場で自殺をほのめかしている。清原和博被告(48)のことだ。

 17日の初公判では検察側の被告人質問で、これまでも(クスリを)やめようと思ったというがと聞かれ、「恥ずかしい話ですが、何度もやめるために自ら命を絶つことばかりを考えていた」と答えたのだ。

 昨年4月、TBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に1年ぶりでテレビ出演した際には、週刊誌に薬物疑惑を報じられて過熱する一方のバッシングについて触れ、「自分自身を否定するようになった」「いっそ死んでしまおうと思った」などと話した。

 05年8月末、巨人から戦力外通告を受けたときもしかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る