すぐ“死”を口に 清原被告「言葉と涙」の耐えられない軽さ

公開日:  更新日:

「命を絶つことばかり考えていた」

 断っておくが、役者がドラマや演劇の中で口にしたセリフではない。もうじき50歳になろうかという大の大人が、何度も公の場で自殺をほのめかしている。清原和博被告(48)のことだ。

 17日の初公判では検察側の被告人質問で、これまでも(クスリを)やめようと思ったというがと聞かれ、「恥ずかしい話ですが、何度もやめるために自ら命を絶つことばかりを考えていた」と答えたのだ。

 昨年4月、TBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に1年ぶりでテレビ出演した際には、週刊誌に薬物疑惑を報じられて過熱する一方のバッシングについて触れ、「自分自身を否定するようになった」「いっそ死んでしまおうと思った」などと話した。

 05年8月末、巨人から戦力外通告を受けたときもしかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る