「依存性が顕著」清原被告に懲役2年6月判決…執行猶予4年

公開日: 更新日:

 覚醒剤取締法違反罪に問われた元プロ野球選手、清原和博被告(48)の判決公判が31日午後1時半、東京地裁で開かれ、吉戒純一裁判官は「覚醒剤に手を染めた動機や経緯に酌むべき事情はない」「悪質で刑事責任は重い。使用量は少なくなく、依存性も顕著である」として懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の有罪判決を言い渡した。弁護側が要求していた保護観察は付かなかった。

 この日の清原被告は上下紺色のスーツ、白いシャツに青いネクタイ姿で425号法廷に出廷。吉戒裁判官が主文を読み上げると、証言台席の清原被告はやや視線を下に落としながら何度もまばたきし、落ち着かない様子だった。

 起訴状によると、清原被告は2月、東京都港区のホテルで覚醒剤を使用したほか、15年9月に群馬県太田市で覚醒剤約1・2グラムを8万円で譲り受けたなどとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る