「依存性が顕著」清原被告に懲役2年6月判決…執行猶予4年

公開日:  更新日:

 覚醒剤取締法違反罪に問われた元プロ野球選手、清原和博被告(48)の判決公判が31日午後1時半、東京地裁で開かれ、吉戒純一裁判官は「覚醒剤に手を染めた動機や経緯に酌むべき事情はない」「悪質で刑事責任は重い。使用量は少なくなく、依存性も顕著である」として懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の有罪判決を言い渡した。弁護側が要求していた保護観察は付かなかった。

 この日の清原被告は上下紺色のスーツ、白いシャツに青いネクタイ姿で425号法廷に出廷。吉戒裁判官が主文を読み上げると、証言台席の清原被告はやや視線を下に落としながら何度もまばたきし、落ち着かない様子だった。

 起訴状によると、清原被告は2月、東京都港区のホテルで覚醒剤を使用したほか、15年9月に群馬県太田市で覚醒剤約1・2グラムを8万円で譲り受けたなどとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る