エロ過ぎる候補者から7年 後藤麻衣さん“2回落選”のその後

公開日:  更新日:

 参院選が終わったと思ったら、あすからは都知事選も始まり、ちまたはまだまだ選挙一色。今回も多くの異色候補が立候補しているが、7年前の都議会選挙で“エロ過ぎる候補者”と注目を集めた女性タレントがいた。後藤麻衣さん(43)だ。パンチラ遊説がスポーツ紙や週刊誌、ワイドショーの格好の的になり、連日話題になった。後藤候補、今どうしているのか。

■2回の連続落選はショックだった

「立候補のオファー? 残念なことになかったですね。ただ、都議選の後、11年の杉並区議選にも落っこっちゃったし、自分自身、選挙に出ることは2万%あり得ないと思ってましたから。同じようなことを言っておきながら、無責任にも立候補したどっかの人とは違いますッ!」

 港区麻布台にあるラジオ日本。毎週金曜日23時45分から放送のレギュラー番組「後藤麻衣の心配ないさぁ~!!」の収録を終えたばかりの後藤さん、こう言ってほほ笑んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る