碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

テレ東「恋のツキ」 濡れ場も躊躇しない徳永えりの女優魂

公開日: 更新日:

 深夜ドラマ「恋のツキ」の主演は徳永えりだ。とはいえ名前を聞いて、すぐに顔が浮かぶ人ばかりじゃないと思う。

 たとえば朝ドラ「わろてんか」。ヒロイン・てんの世話をする女中さんで、後に「北村笑店」の番頭・風太(濱田岳)の妻になったトキを演じていた。かなりの演技派だが、ふだんは脇役が多い。

 このドラマの主人公・平ワコ(徳永)は、30歳を越えたばかりのごくフツーの女性。映画館でアルバイトをしながら、同い年の彼氏・ふうくん(渡辺大知)と3年越しの同棲中だ。ワコは結婚を意識しているが、ふうくんは煮え切らない。

 近々両親のところに2人で行こうというタイミングで、ワコの前に伊古ユメアキという別の男性が現れる。しかも彼は16歳年下の高校1年生だ。ワコは彼氏のことを隠すが、ふうくんにユメアキのことがバレると同時にユメアキもふうくんの存在を知ってしまう。さあ、どうする、どうなる?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

もっと見る