碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

安田顕の表情が絶品 NHK「満願」映画3本分の見応えに匹敵

公開日:

 一年の中で、お盆ほど「死者」が身近になる時季はない。今月14日から3夜連続放送の「満願」(NHK)は、まさに好企画だった。原作は米澤穂信の同名短編集だ。

「万灯」の主人公は商社マンの伊丹(西島秀俊)。東南アジアでの天然ガス開発が頓挫していた。打開策は村を牛耳る人物の殺害。西島が、仕事のためなら何でもする男を淡々と演じたことで事態の怖さが倍化した。

 また交番勤務の警察官・柳岡(安田顕=写真)が、部下である川藤(馬場徹)の“名誉の殉職”に疑問を抱くのが「夜警」だ。刃傷沙汰の夫婦ゲンカを止めようとした現場で突然、川藤が夫に発砲。しかも川藤は首を切りつけられて絶命する。この作品で安田が見せた、暗い表情の「鬱屈を抱えた警官」は絶品。3作中で最も強い印象を残した。

 最後の「満願」は弁護士の藤井(高良健吾)が手がける殺人事件を軸に、過去と現在が交差する物語だ。被告の妙子(市川実日子)は、藤井が学生時代に下宿していた畳屋の女房。夫がつくった借金を取り立てにきた、金貸しの男を刺殺したのだ。一本気な藤井と奥底の見えない妙子。2人の絶妙な距離感がドラマに陰影を与えていた。

 制作はNHKと日テレアックスオン。萩生田宏治(第1夜)、榊英雄(第2夜)、熊切和嘉(最終夜)といった監督たちが力量を発揮し、映画3本分の見応えがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る