吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

ドワンゴ創業者・川上量生<前編>繊細な感性持つ不思議な人

公開日: 更新日:

 ニコニコ動画を運営するIT企業、ドワンゴの創業者、川上量生(のぶお)さん(現・カドカワ社長、ドワンゴ取締役CTO)について描いたものはあまりない。日本テレビからドワンゴに出向した3年間や転籍したこの半年間、内側から見た川上さんを描いてみたい。

 川上さんと初めて会ったのはスタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーのオフィスで、少し興奮気味に紹介してくれた。

「こちら、今度ジブリのプロデューサー見習いになる川上さん」

 あのニコニコ動画で若者たちを熱狂させているネット界の寵児(ちょうじ)がジブリ見習いというのも物珍しく、私は日本や世界はどうなるのか、ITテクノロジーはどうなるのか、日本の人口減少問題はどうなるのかと問うた。広範な知識と核心を突いたユニークな答えがソッコーで出てくる。童顔で笑顔が魅力的な川上さんは軽く私の10倍以上の機能を持つ頭脳を持っていた。その一方「堀江貴文さんと会いたい」などと言うと2週間後には昼飯をセッティングしてくれたり、また2人でじっくりと夕飯が食べたいなどと言うと神保町のレストランに1人で現れるフットワークの良さも兼ね備えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る