“薬物克服”のお墨付きを得たピエール瀧被告の今後の活動は

公開日: 更新日:

 麻薬取締法違反の罪に問われていた「電気グルーヴ」のメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)に対し、東京地裁は18日、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。

 瀧被告は黒スーツに身を包み判決をじっと聞き入っていた。その後の説諭で裁判官は、「人生」と毛筆で書かれた写真を持ち出し、薬物治療中に「“人生”と書いてくれた人の気持ちに応えられるか、胸に手を当てて考えて、今いる場所を見失わないように」と諭した。

「『人生』は、89年に結成された電気グルーヴの前身となるバンドの名前です。静岡で高校時代の石野卓球が結成し、ピエール瀧も参加していました。下ネタでバカげた歌詞とチープなテクノサウンドが特徴です。“Zin―sayは電気グルーヴ、電気グルーヴは人生”と石野卓球もツイートしていましたが、裁判官が『人生』の写真を持ち出したと聞いたときは、ネタかと思いましたよ」(古くからのファン)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る