初公判では淡々と…ピエール瀧が消せない復帰への懸念材料

公開日: 更新日:

 麻薬取締法違反(コカイン使用)の罪を問われているピエール瀧被告(52)の初公判が5日、東京地裁で行われた。

 一般傍聴席21席に対し1266人が集まり、倍率は60倍。法廷に現れた瀧は黒のスーツ姿で、保釈時よりも前髪がいささかサッパリした印象。全体を見回し、記者席に旧知の制作関係者を見つけると会釈するなどしていた。起訴内容を認め、職業を問われると「ミュージシャンをやっておりますけれど、事務所を解雇されたので無職です」と語った瀧。

 薬物をやめられなかった理由について「本来はストレスを解消するのにほかのものを見つけるべきだったが、心の甘さがあった。手に入れられる環境にあったことも大きな要因だったと思う」「俳優業など多様な仕事が入るようになり、こなしていくうちに時間的にも精神的にも生活を圧迫していきました」と、早朝から深夜まで仕事で、寝ている家族を起こしてまで自分のストレス解消に付き合わせるほど甘えられず、ひとり追い込まれていったことを明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る