初公判では淡々と…ピエール瀧が消せない復帰への懸念材料

公開日: 更新日:

 麻薬取締法違反(コカイン使用)の罪を問われているピエール瀧被告(52)の初公判が5日、東京地裁で行われた。

 一般傍聴席21席に対し1266人が集まり、倍率は60倍。法廷に現れた瀧は黒のスーツ姿で、保釈時よりも前髪がいささかサッパリした印象。全体を見回し、記者席に旧知の制作関係者を見つけると会釈するなどしていた。起訴内容を認め、職業を問われると「ミュージシャンをやっておりますけれど、事務所を解雇されたので無職です」と語った瀧。

 薬物をやめられなかった理由について「本来はストレスを解消するのにほかのものを見つけるべきだったが、心の甘さがあった。手に入れられる環境にあったことも大きな要因だったと思う」「俳優業など多様な仕事が入るようになり、こなしていくうちに時間的にも精神的にも生活を圧迫していきました」と、早朝から深夜まで仕事で、寝ている家族を起こしてまで自分のストレス解消に付き合わせるほど甘えられず、ひとり追い込まれていったことを明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る