田口“土下座”は奏功? ピエール瀧や原田龍二の謝罪と比較

公開日: 更新日:

「このたびは、わたくしが起こしました件で皆さまに多大なるご心配とご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪の後、土下座したのは、大麻所持で逮捕、勾留されていた、元KAT―TUNの田口淳之介(33)。

 7日午後7時すぎ、勾留先の警視庁東京湾岸署から出てきた田口は約20秒もの間、土下座。4月にコカイン所持で保釈されたピエール瀧(52)は立ったままの謝罪だっただけに、待ち構えていた報道陣も驚いた。

 9日、KAT―TUNメンバーの中丸雄一(35)がレギュラーを務める「シューイチ」(日本テレビ系)では田口の土下座の様子を放映したものの、期待された中丸のコメントはナシ。

 今回の田口の土下座について、芸能文化評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「罪の重さを自覚し、本当に反省、すべてを失ったと自覚し、究極の形となったのでしょう。今回の“土下座”で引きとどまるファンも多いはず。真摯な姿勢は芸能界復帰にプラスに働くのでは。一方、ピエール瀧さんは50歳にもなって“仕事がストレス”とかふざけた言い訳をすること自体甘い。働くからお金がもらえるのであって、サラリーマンからしたらそんなのストレスとは言えない。単なる“おごり”と“逃げ”でしかありません。2人の謝罪を比べるとピエールさんの大人げない言い訳が際立ちます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    裕次郎さん命日に幕引き 石原軍団「金、酒、飯」豪快伝説

  10. 10

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

もっと見る