田口は現役時代から使用 ジャニーズ蝕む深刻な“薬物汚染”

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所に大麻汚染の疑惑が浮上しつつある。その火種は、大麻取締法違反容疑で逮捕されたKAT―TUNの元メンバー、田口淳之介容疑者(33)が容疑を認めたうえで「10年ほど前から使い始めた」と供述していること。10年前の2009年といえば、KAT―TUNの東京ドーム8日間連続公演があり、田口容疑者もメンバーとして出演している。もちろん当時はジャニーズ所属の人気アイドルであった。16年にグループから脱退し事務所からも離れたものの、田口容疑者から大麻が事務所内で広がったり、田口容疑者のように薬物に手を染めているようなタレントがいる可能性もあるのではないかと、メディアだけでなくファンですらも疑心暗鬼の目を向け始めているのである。

 週刊誌のベテラン芸能デスクが言う。

「田口容疑者と大麻との関わりは、07年から公私共にパートナーとされ、今回共に逮捕された小嶺麗奈容疑者の影響の大きさが明らかになっています。元ジャニーズの薬丸裕英が小嶺容疑者について『昔からそういう(薬物の)噂があった』とテレビで話し、田口容疑者について『礼儀正しくて良い子だから残念でならない。人との出会い、環境で人生が大きく変わっちゃう』と擁護していましたけど、これも結果的に、疑惑の火に油を注いだ感もありますね。同業者なら当然かもしれませんけど、誰が薬物に手を出しているとか、そういう話は芸能人同士ならほぼ筒抜けのうえ、よく言えば身内の結束の強い、ありていに言えば身内に甘いジャニーズの体質を露呈させているのです。本当はジャニーズも大丈夫なのか? と薬丸も思っているのでは」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    まさに英雄!女性警官を襲った暴漢を取り押さえた少年5人

もっと見る