田口は現役時代から使用 ジャニーズ蝕む深刻な“薬物汚染”

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所に大麻汚染の疑惑が浮上しつつある。その火種は、大麻取締法違反容疑で逮捕されたKAT―TUNの元メンバー、田口淳之介容疑者(33)が容疑を認めたうえで「10年ほど前から使い始めた」と供述していること。10年前の2009年といえば、KAT―TUNの東京ドーム8日間連続公演があり、田口容疑者もメンバーとして出演している。もちろん当時はジャニーズ所属の人気アイドルであった。16年にグループから脱退し事務所からも離れたものの、田口容疑者から大麻が事務所内で広がったり、田口容疑者のように薬物に手を染めているようなタレントがいる可能性もあるのではないかと、メディアだけでなくファンですらも疑心暗鬼の目を向け始めているのである。

 週刊誌のベテラン芸能デスクが言う。

「田口容疑者と大麻との関わりは、07年から公私共にパートナーとされ、今回共に逮捕された小嶺麗奈容疑者の影響の大きさが明らかになっています。元ジャニーズの薬丸裕英が小嶺容疑者について『昔からそういう(薬物の)噂があった』とテレビで話し、田口容疑者について『礼儀正しくて良い子だから残念でならない。人との出会い、環境で人生が大きく変わっちゃう』と擁護していましたけど、これも結果的に、疑惑の火に油を注いだ感もありますね。同業者なら当然かもしれませんけど、誰が薬物に手を出しているとか、そういう話は芸能人同士ならほぼ筒抜けのうえ、よく言えば身内の結束の強い、ありていに言えば身内に甘いジャニーズの体質を露呈させているのです。本当はジャニーズも大丈夫なのか? と薬丸も思っているのでは」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  7. 7

    G岩隈 ようやく二軍の実戦初登板でも“来季現役続行”のワケ

  8. 8

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  9. 9

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  10. 10

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る