新井浩文「同意の上」主張 気になる芸能界復帰の可能性は

公開日: 更新日:

「暴力は一切やってません。それと同意があったと思っています」

 性的行為禁止を掲げる派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた俳優の新井浩文被告(本名・朴慶培=40)は2日、東京地裁での初公判でそう言って、起訴内容を否認した。

 起訴状によると、新井被告は昨年7月1日午前3時半ごろ、東京都世田谷区内の自宅で、30代の女性従業員の頭を押さえつけるなどの乱暴を加え、行為に及んだ。新井被告は性交したことは事実としつつ、頭を両手でつかむことなどはしていない。女性の態度などから合意があると錯誤したと主張した。

 逮捕当時、警察の調べに「酒を飲んでいた。好みのタイプだった。申し訳ないことをした」などと新井被告は供述したとされる。証人尋問では被害女性の「とても悔しい思いをした。モノを扱われるような思いをした」とする声がモニターを通して新井被告に、そして傍聴席に響き渡ったが、新井被告は自身の逮捕によって公開中止となった映画「善悪の屑」の違約金など、億単位の損害賠償がのしかかる可能性があり、そのため、法廷で全面的に争う姿勢に転じたようだ。ある芸能プロ幹部はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る