麻薬所持で逮捕”要注意人物“だった沢尻エリカ数々の奇行

公開日: 更新日:

 合成麻薬MDMAを所持していたとして、女優の沢尻エリカ(33)が麻薬取締法違反の疑いで警視庁組織犯罪対策部5課に逮捕された。11月16日午前8時過ぎ、東京・目黒区の自宅でMDMAの入ったカプセル2錠が棚のアクセサリーケースから見つかったという。沢尻容疑者は「私のものに間違いありません」と容疑を認め、警視庁の取り調べに素直に応じているという。

 2007年に主演映画の舞台挨拶で不機嫌そうな表情で「別に」と発言したことから批判を浴び、女優活動を休止した沢尻容疑者。2020年放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の出演が決まり、今年3月の制作発表会見では「やっと大河に出演することができました」と涙ぐんで見せたが、これを冷めた目で見る捜査関係者も少なくなかったという。

「沢尻容疑者に薬物疑惑が浮上したのは、それこそ『別に騒動』の前後からです。都内のクラブを渡り歩き、薬物使用者に見られがちな独特の緩慢な動作が複数目撃されていました。ただ、その後、有名クリエイターとの電撃結婚し、海外に渡ったことでこの疑惑は一時的に立ち消えとなりました。しかし、彼と離婚し、帰国後しばらくすると再び要注意人物の一人に数えられるようになりました」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る