72歳のAV男優に聞いた 若さのヒケツは?ギャラは1本いくら

公開日: 更新日:

山田裕二さん(シニアAV男優)

 アダルトビデオ(AV)離れが叫ばれて久しいが、シニア層をターゲットにした、いわゆる“シニアもの”は元気だ。特に人気なのはグローリークエストというメーカーが手掛ける「禁断介護」シリーズ。内容はほぼ決まっていて、義父を介護する若い嫁が介護相手の老人に体を弄ばれ、最初は嫌がりつつも、執拗な攻めにやがて快楽と奉仕の虜になるというもの。要は“年寄りの夢”だ。

 そうしたシニアものAVで老人役を務めるのがシニアAV男優。わずか10人ほどといわれる中で、人気・実力ともにトップクラスなのが今日登場の山田裕二さん、72歳。もちろん「禁断介護」にも出演し、今も月に3~4日は現場に出るという。いや、その年でいろんな女とチョメチョメできるとはうらやましい!

「いやいや、現実は大変ですよ。シニア男優とはいえ最後までやりますから、体力、チン力、いずれも必要。いわゆるドカタ商売ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る