SMに即ベッド…「性依存系女子」に挑戦 内田理央の新境地

公開日: 更新日:

 今月8日にスタートした女優の内田理央(28)の主演ドラマ「来世ではちゃんとします」(テレビ東京系)が“ぶっ飛んでいる”と話題になっている。これまでの内田はどちらかといえば無難な役柄を演じてきたが、今回は5人のセフレがいる性依存傾向のあるアラサー女子役。SMの亀甲縛りをされてオムライスを犬食いさせられるシーンやシャワーを浴びずに押し倒される“即ベッド”のシーンも出てくる。

 内田はモデルとしてフィットネスジムや美容系のCM出演もこなしてきただけに、今回の挑戦が吉凶どちらに転ぶか気になるところだ。芸能評論家の佐々木博之氏がこう言う。

「内田さんは女優のほかにモデルと男性誌のグラビアでも活躍するいわゆる“モグラ女子”です。この分野では元『Ray』モデルの泉里香さんが巨乳で男性にも人気ですが、内田さんも今回のドラマ出演で男性ファンが急増するかもしれませんね。女優としても一皮むける可能性があります」

 ドラマではきわどい用語が連発されるが、なぜかわいせつさを感じさせない。冬ドラマのダークホースになるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る