中国外交部の“コワモテ報道官” 実は蒼井そらファンだった

公開日: 更新日:

 今年2月から、中国外交部報道局副局長に就任し、報道官として記者会見を始めた趙立堅氏(47)。かねて、自らのツイッターで米国批判を展開し、「攻撃的で外交官らしからぬ態度」と米国から警戒されてきた人物だ。

 さっそく就任早々、「(新型コロナは)米軍が感染を武漢に持ち込んだ」とツイッターに書き込み、発生源がアメリカ軍の研究施設だと主張してみせ話題となった。

 ところが、このコワモテの趙報道官。実は日本の元AV女優・蒼井そらのツイッターをフォローしていたことが発覚。暴露したのは、中国のネット民だ。すでにフォローは解除されているが、中国のネット上では、蒼井のアカウント上の「フォロワー」に趙立堅の名前が表示されている証拠画像が拡散している。

 ネット民からは、反日暴動の際に話題になったスローガン「魚釣島(尖閣)は中国のもの、蒼井そらは世界のもの!」「就任早々、趙さんの知名度アップ万歳」など多数の書き込みがなされている。

 なお、蒼井そらは、中国では絶大な人気を誇る。「膜拝(女神様)」と呼ばれ、「微博」では1900万以上のフォロワーを抱える。なお、趙報道官は、「このアカウントを管理していたのは部下であり、自分ではない」と言い訳がましい声明を出している。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント