東京五輪がトドメ…江戸から続く吉原「夜のおもてなし」は風前の灯

公開日: 更新日:

「9月に東京開催が決まるまでは、みんなで『東京になるな』って祈ってたんですよ」

 日本最大のソープランド街、東京・吉原の一角で“情報喫茶店(案内所のようなもの)”を営む中年男性は苦笑いしながら、こう続ける。

「(2020年の)開催が近づけば、臭いものにフタで、お上に締め付けられるに決まってます。前回(64年)の東京五輪の時だって、国会で吉原が問題視されたっていうからね。コンビニで売ってるエロ本業界の人たちも、五輪開催で<規制がさらに厳しくなるんじゃないか>と戦々恐々ですが、吉原も同じです」

 全国には1000店超のソープランドがある。吉原(台東区千束)界隈(かいわい)には、そのうち1割強の百数十店がひしめいている。が、「最盛期に比べてほぼ半分に減りました」(業界関係者)。かつて「不夜城」と称された遊郭は閑古鳥が泣き始めている。平日の夕方には、ほとんど客の姿を見かけない。ある風俗ライターが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る