東京五輪がトドメ…江戸から続く吉原「夜のおもてなし」は風前の灯

公開日: 更新日:

「9月に東京開催が決まるまでは、みんなで『東京になるな』って祈ってたんですよ」

 日本最大のソープランド街、東京・吉原の一角で“情報喫茶店(案内所のようなもの)”を営む中年男性は苦笑いしながら、こう続ける。

「(2020年の)開催が近づけば、臭いものにフタで、お上に締め付けられるに決まってます。前回(64年)の東京五輪の時だって、国会で吉原が問題視されたっていうからね。コンビニで売ってるエロ本業界の人たちも、五輪開催で<規制がさらに厳しくなるんじゃないか>と戦々恐々ですが、吉原も同じです」

 全国には1000店超のソープランドがある。吉原(台東区千束)界隈(かいわい)には、そのうち1割強の百数十店がひしめいている。が、「最盛期に比べてほぼ半分に減りました」(業界関係者)。かつて「不夜城」と称された遊郭は閑古鳥が泣き始めている。平日の夕方には、ほとんど客の姿を見かけない。ある風俗ライターが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る