東京五輪がトドメ…江戸から続く吉原「夜のおもてなし」は風前の灯

公開日: 更新日:

「9月に東京開催が決まるまでは、みんなで『東京になるな』って祈ってたんですよ」

 日本最大のソープランド街、東京・吉原の一角で“情報喫茶店(案内所のようなもの)”を営む中年男性は苦笑いしながら、こう続ける。

「(2020年の)開催が近づけば、臭いものにフタで、お上に締め付けられるに決まってます。前回(64年)の東京五輪の時だって、国会で吉原が問題視されたっていうからね。コンビニで売ってるエロ本業界の人たちも、五輪開催で<規制がさらに厳しくなるんじゃないか>と戦々恐々ですが、吉原も同じです」

 全国には1000店超のソープランドがある。吉原(台東区千束)界隈(かいわい)には、そのうち1割強の百数十店がひしめいている。が、「最盛期に比べてほぼ半分に減りました」(業界関係者)。かつて「不夜城」と称された遊郭は閑古鳥が泣き始めている。平日の夕方には、ほとんど客の姿を見かけない。ある風俗ライターが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  9. 9

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る