カジノ構想に沸くお台場 早くも過熱し始めた「土地バブル」

公開日: 更新日:

<外国人客見込んでワッショイワッショイ>

 外国人観光客の増加をにらんで、街並みが激変するといわれているのがお台場だ。
 この臨時国会で、2年以内にカジノ実施に必要な法制を整えることを政府に求める「IR推進法」が成立するとみられている。IRとはIntegrated Resort(複合観光施設)の略。順調ならば、16~18年度にもカジノが誕生する可能性が出てきたわけだが、その有力候補地とされているのが、お台場地域だ。

「大阪、沖縄などカジノ導入に積極的な自治体はいくつかありますが、リードしているのはお台場です。東京都は臨海副都心を国際観光の一大拠点(MICE)にする取り組みを進めてきました。近隣の国際会議場や展示場と連携させた複合型商業施設をお台場に造る計画です。ここにカジノ施設が入るのではないかといわれています」(都政に詳しいジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る