カジノ構想に沸くお台場 早くも過熱し始めた「土地バブル」

公開日:  更新日:

<外国人客見込んでワッショイワッショイ>

 外国人観光客の増加をにらんで、街並みが激変するといわれているのがお台場だ。
 この臨時国会で、2年以内にカジノ実施に必要な法制を整えることを政府に求める「IR推進法」が成立するとみられている。IRとはIntegrated Resort(複合観光施設)の略。順調ならば、16~18年度にもカジノが誕生する可能性が出てきたわけだが、その有力候補地とされているのが、お台場地域だ。

「大阪、沖縄などカジノ導入に積極的な自治体はいくつかありますが、リードしているのはお台場です。東京都は臨海副都心を国際観光の一大拠点(MICE)にする取り組みを進めてきました。近隣の国際会議場や展示場と連携させた複合型商業施設をお台場に造る計画です。ここにカジノ施設が入るのではないかといわれています」(都政に詳しいジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る