インスタントカメラが再ブレーク 撤退寸前から“大逆転”のヒミツ

公開日: 更新日:

 若いカップルが裸の画像を写メで送り合う時代だ。フィルム写真なんて絶滅したかと思っていたら、大間違い。ここへきて売り上げを伸ばしているフィルムカメラがあった。

 富士フイルムの小型インスタントカメラ「チェキ」が空前のブームになっている。
「98年に発売開始したチェキは、02年に世界で年間100万台を売り上げる人気製品になりました。ところが、デジカメの普及で販売台数が激減、一時はピーク時の10分の1にまで落ち込んでしまい、事業の撤退も検討しました。ところが、07年に韓国のテレビドラマで使われて、当地で人気が再燃。その後も中国の人気モデルがテレビ番組で紹介したりしたことで、クチコミで人気が広まり、今年度の販売台数は世界で200万台を見込んでいます」(富士フイルム・コーポレートコミュニケーション部)

 韓国、中国で火がついたチェキブームが“逆輸入”され、今や「チェキ会(チェキを使った撮影会)」はAKBなどアイドルグループの定番だ。ネットオークションでも、アイドルのチェキ写真が高値で取引されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る