インスタントカメラが再ブレーク 撤退寸前から“大逆転”のヒミツ

公開日: 更新日:

 若いカップルが裸の画像を写メで送り合う時代だ。フィルム写真なんて絶滅したかと思っていたら、大間違い。ここへきて売り上げを伸ばしているフィルムカメラがあった。

 富士フイルムの小型インスタントカメラ「チェキ」が空前のブームになっている。
「98年に発売開始したチェキは、02年に世界で年間100万台を売り上げる人気製品になりました。ところが、デジカメの普及で販売台数が激減、一時はピーク時の10分の1にまで落ち込んでしまい、事業の撤退も検討しました。ところが、07年に韓国のテレビドラマで使われて、当地で人気が再燃。その後も中国の人気モデルがテレビ番組で紹介したりしたことで、クチコミで人気が広まり、今年度の販売台数は世界で200万台を見込んでいます」(富士フイルム・コーポレートコミュニケーション部)

 韓国、中国で火がついたチェキブームが“逆輸入”され、今や「チェキ会(チェキを使った撮影会)」はAKBなどアイドルグループの定番だ。ネットオークションでも、アイドルのチェキ写真が高値で取引されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    検察もア然…安倍首相「言論テレビ」でついたもう一つの嘘

  9. 9

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

  10. 10

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

もっと見る