インスタントカメラが再ブレーク 撤退寸前から“大逆転”のヒミツ

公開日:  更新日:

 若いカップルが裸の画像を写メで送り合う時代だ。フィルム写真なんて絶滅したかと思っていたら、大間違い。ここへきて売り上げを伸ばしているフィルムカメラがあった。

 富士フイルムの小型インスタントカメラ「チェキ」が空前のブームになっている。
「98年に発売開始したチェキは、02年に世界で年間100万台を売り上げる人気製品になりました。ところが、デジカメの普及で販売台数が激減、一時はピーク時の10分の1にまで落ち込んでしまい、事業の撤退も検討しました。ところが、07年に韓国のテレビドラマで使われて、当地で人気が再燃。その後も中国の人気モデルがテレビ番組で紹介したりしたことで、クチコミで人気が広まり、今年度の販売台数は世界で200万台を見込んでいます」(富士フイルム・コーポレートコミュニケーション部)

 韓国、中国で火がついたチェキブームが“逆輸入”され、今や「チェキ会(チェキを使った撮影会)」はAKBなどアイドルグループの定番だ。ネットオークションでも、アイドルのチェキ写真が高値で取引されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る