インスタントカメラが再ブレーク 撤退寸前から“大逆転”のヒミツ

公開日:  更新日:

 若いカップルが裸の画像を写メで送り合う時代だ。フィルム写真なんて絶滅したかと思っていたら、大間違い。ここへきて売り上げを伸ばしているフィルムカメラがあった。

 富士フイルムの小型インスタントカメラ「チェキ」が空前のブームになっている。
「98年に発売開始したチェキは、02年に世界で年間100万台を売り上げる人気製品になりました。ところが、デジカメの普及で販売台数が激減、一時はピーク時の10分の1にまで落ち込んでしまい、事業の撤退も検討しました。ところが、07年に韓国のテレビドラマで使われて、当地で人気が再燃。その後も中国の人気モデルがテレビ番組で紹介したりしたことで、クチコミで人気が広まり、今年度の販売台数は世界で200万台を見込んでいます」(富士フイルム・コーポレートコミュニケーション部)

 韓国、中国で火がついたチェキブームが“逆輸入”され、今や「チェキ会(チェキを使った撮影会)」はAKBなどアイドルグループの定番だ。ネットオークションでも、アイドルのチェキ写真が高値で取引されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る