演歌好きは大集合!<錦糸町 南口>

公開日:  更新日:

「つらい時、悲しい時は歌を歌え、って言うでしょ。歌番組はなくなっても、歌はなくならない」

「セキネ楽器店」の関根正巳さんの言葉にジーンときてしまった。
 この店は、南口を出てすぐ目に入った。遠目にもカセットテープが店内にびっしり並んでいるのが分かる。

 引かれるものはあったのだが、間口が狭くて入りづらく感じ、その時は通り過ぎた。
「ハンバーグもトンカツも全品200円」と知人から聞いていた弁当屋はシャッターが下りたまま。風俗店や飲み屋が並ぶ牡丹橋通りは、平日の昼間とあって迫力はイマイチ。「ここのラブホは最高」と前出の知人推奨のバリアンは、正午の光の中では物寂しく見えた。

 錦糸町はやっぱり夜に限るね、と駅前に戻った時、「あの店をよく見ないで帰るのは嫌だな」と強く思い、セキネ楽器店に思い切って入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る