• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

無形文化遺産登録 世界の「和食」はますますヒドくなる

「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まり、日本中がお祝いムードだ。
「日本食のグローバル展開を真剣に考えねば」と関係者は鼻息荒いが、これで和食への正しい理解が深まるかといえば、むしろ逆だ。

 銀座の老舗和食店店主がこう言う。

「無形文化遺産をビジネスにすると、和食が誤解されるだけです。今後は、牛丼やカレーなど日本食チェーンの海外進出も増えるでしょうが、材料などのコスト面を考えて儲けるには、現地好みの味にせざるを得ない。海外の高級和食店も、“現地味”への迎合が加速するでしょう。フェイクの味しか知らない外国人観光客が来日して、澄んだダシの吸い物を口にしても、おいしいと思うわけがありません。観光立国を目指す日本に、外国人向け和食店ばかりが乱立するのではと心配です」

 パリに進出して5年の某有名日本料理店は、ごま豆腐の胡麻をトリュフに代え、トリュフオイルで香りをつけた「トリュフ豆腐」が自慢メニュー。料理人は自信満々らしいが、これを食べ慣れた外国人が日本で本物のごま豆腐を食べたら、ひと口で「?」だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る