無形文化遺産登録 世界の「和食」はますますヒドくなる

公開日:  更新日:

「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まり、日本中がお祝いムードだ。
「日本食のグローバル展開を真剣に考えねば」と関係者は鼻息荒いが、これで和食への正しい理解が深まるかといえば、むしろ逆だ。

 銀座の老舗和食店店主がこう言う。

「無形文化遺産をビジネスにすると、和食が誤解されるだけです。今後は、牛丼やカレーなど日本食チェーンの海外進出も増えるでしょうが、材料などのコスト面を考えて儲けるには、現地好みの味にせざるを得ない。海外の高級和食店も、“現地味”への迎合が加速するでしょう。フェイクの味しか知らない外国人観光客が来日して、澄んだダシの吸い物を口にしても、おいしいと思うわけがありません。観光立国を目指す日本に、外国人向け和食店ばかりが乱立するのではと心配です」

 パリに進出して5年の某有名日本料理店は、ごま豆腐の胡麻をトリュフに代え、トリュフオイルで香りをつけた「トリュフ豆腐」が自慢メニュー。料理人は自信満々らしいが、これを食べ慣れた外国人が日本で本物のごま豆腐を食べたら、ひと口で「?」だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る