「和食」世界遺産登録で世界中の“トンデモ日本食”勘違いは大丈夫?

公開日: 更新日:

<ごま風味の肉じゃが、八角味のカレイ煮つけ>

「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録される見通しとなったが、世界に広がる“トンデモ和食”がホンモノと勘違いされるのではないかと関係者が心配している。

 というのも、近年、日本食は世界中でブームになっていて、農水省の推計によれば、海外の日本食レストランの数は2010年の約3万店から、13年3月時点で約5万5000店に急増しているのだ。

「海外の日本食レストランの8~9割は日本人以外が経営していると聞く」(海外事情通)というだけに、見た目は普通でも“中身”は似て非なるメニューがズラリなのである。

「海外取材で日本料理店で食べるキテレツな味の和食ほど衝撃を受けるものはありません」と言うのは、旅行ライターの渡辺輝乃氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る