「和食」世界遺産登録で世界中の“トンデモ日本食”勘違いは大丈夫?

公開日:  更新日:

<ごま風味の肉じゃが、八角味のカレイ煮つけ>

「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録される見通しとなったが、世界に広がる“トンデモ和食”がホンモノと勘違いされるのではないかと関係者が心配している。

 というのも、近年、日本食は世界中でブームになっていて、農水省の推計によれば、海外の日本食レストランの数は2010年の約3万店から、13年3月時点で約5万5000店に急増しているのだ。

「海外の日本食レストランの8~9割は日本人以外が経営していると聞く」(海外事情通)というだけに、見た目は普通でも“中身”は似て非なるメニューがズラリなのである。

「海外取材で日本料理店で食べるキテレツな味の和食ほど衝撃を受けるものはありません」と言うのは、旅行ライターの渡辺輝乃氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る