「和食」世界遺産登録で世界中の“トンデモ日本食”勘違いは大丈夫?

公開日: 更新日:

<ごま風味の肉じゃが、八角味のカレイ煮つけ>

「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録される見通しとなったが、世界に広がる“トンデモ和食”がホンモノと勘違いされるのではないかと関係者が心配している。

 というのも、近年、日本食は世界中でブームになっていて、農水省の推計によれば、海外の日本食レストランの数は2010年の約3万店から、13年3月時点で約5万5000店に急増しているのだ。

「海外の日本食レストランの8~9割は日本人以外が経営していると聞く」(海外事情通)というだけに、見た目は普通でも“中身”は似て非なるメニューがズラリなのである。

「海外取材で日本料理店で食べるキテレツな味の和食ほど衝撃を受けるものはありません」と言うのは、旅行ライターの渡辺輝乃氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る