「文化遺産」登録で脚光 息の長いテーマ「和食銘柄」に乗れ

公開日: 更新日:

 23日、株式市場の主役は和食だった。「ユネスコの無形文化遺産」に和食が登録される見通しとなったからだ。12月上旬にも正式登録の見込みだが、市場は早くも関連銘柄を物色中だ。

「23日前場は、日本食に関係する銘柄が上昇しました。正式決定後に再度盛り上がるでしょうから、いまが『買い』のチャンスかもしれません」(株式アナリストの櫻井英明氏)

 ファミレス「和食さと」の「サトレストランシステムズ」や、豆腐料理で知られる「うかい」、しゃぶしゃぶの「木曽路」などが軒並み上昇。ラーメンチェーンの「幸楽苑」もターゲットとなった。

「和食は裾野が広い。レストランから居酒屋、回転ずし、日本酒まで関連してきます。しかも海外にライバル企業が見当たりません。東京市場を活性化させるのにはピッタリです」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る