• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NECがビッグローブ売却…日本からプロバイダーが消える日

 NECが、子会社のインターネットプロバイダー(接続事業者)「NECビッグローブ」を、投資ファンドに売却することを決めた。

 利用者約300万人で国内4位。ウィンドウズ95でパソコンを始めた中高年サラリーマンにはお馴染みで、黒字も維持しているのに、なぜ売ってしまうのか。
「ビッグローブのように、自社で回線を持たない非通信会社系プロバイダーは、NTTやKDDIなどの通信会社系に比べて契約者数が伸びず、苦戦中です。売却先の投資ファンドが企業再生専門ということからも、富士通系のニフティやソニー系のソネットなど非通信会社系プロバイダーとの連携で生き残るつもりでしょう」(経済部記者)

 ただでさえネットユーザーの間では、〈もうプロバイダーは不要〉が常識だ。
 かつて、ネットに接続するには回線使用料とは別にプロバイダーと契約し、月々の接続料金も払っていた。あれから20年。急激に普及したスマートフォンなら、携帯電話会社との定額契約だけで、いつでもどこでもネットに接続できる。メールも、ヤフーやグーグルのフリーメールで事足りる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る