• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ネットニュース編集者・中川淳一郎氏が語る「SNSの未来」

SNSで何百人もの友達をつくる無意味

 電車に乗れば、熱心にスマホをしている乗客ばかり。飲み屋でもスマホを手放せず、メールやLINEの着信音にはすぐ反応。返事を書くことばかりに気を取られ、仕事も付き合いも二の次に…。こんなスマホ中毒者に「ネットのバカ」の著者、中川淳一郎氏が告ぐ! SNSのブームはもう終わりだ。

――昨年12月、LINEで知り合った少年にふられた女子中学生がブチ切れ、仲間20人で少年ら13人を集団暴行する事件がありましたね。三鷹の女子高生もフェイスブックで知り合った男に付きまとわれて殺された。スマホ中毒という言葉がありますが、ネット社会って、果たして成熟しているのか、それとも、いびつになっているのか。この辺りはどう思われていますか?

 ソーシャルネット(SNS)って、いくらでも自分を格好よく見せられるんですよ。勝手にプロフィルをつくって、イケメンの写真を載っけてね。そもそも、SNS上では、自分にいいことしか書かないわけじゃないですか。三鷹の犯人は関西の有名私大の学生だと偽っていた。人間を見る目がない若者が、そういう情報を信じてしまう。ここがSNSの怖さです。LINEの事件も、知り合いの知り合いみたいな形で紹介され、電話番号とか交換し、楽しく会話しているうちに、付き合ってもらえると勘違いした。SNSというのは本来、出会うべきじゃなかった人もつなげちゃうんですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る