歩かねば分からない<八広>

公開日:  更新日:

「町歩きなら、八広も行かなくちゃ駄目ですよ!」と、自転車乗りのNさん(40)から強力に勧められた。実際に歩かねば分からない、独特の雰囲気があるのだという。

 Nさんと京成押上線・八広駅で待ち合わせたのは、今年2度目の記録的な大雪に襲われた土曜日。シャレにならないくらい寒い。

「あそこにあるのが清掃工場の煙突。荒川の土手からは、あの煙突とスカイツリーが重なって見え、なかなか考えさせられますよ」(Nさん)

 八広がある東墨田地域は皮革産業の街。豚革の7割以上がこの地でなめされているという。

「工場がある辺りは、革をなめす香りがします。季節によっては、ここから離れたところを自転車で走っていても、風で香りが運ばれてくる」

 土曜日だからか、雪が降っているからか、産業の街とは思えないほど静か。「ほら、あそこに」とNさんが指し示すところを見ると、豚の革が何枚も何枚も連なって干されていた。赤い着色をした革を大量に重ねて、運んでいる工場の人が前を通った。気軽には話しかけられない、凛(りん)とした雰囲気がある職人さんだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る