歩かねば分からない<八広>

公開日: 更新日:

「町歩きなら、八広も行かなくちゃ駄目ですよ!」と、自転車乗りのNさん(40)から強力に勧められた。実際に歩かねば分からない、独特の雰囲気があるのだという。

 Nさんと京成押上線・八広駅で待ち合わせたのは、今年2度目の記録的な大雪に襲われた土曜日。シャレにならないくらい寒い。

「あそこにあるのが清掃工場の煙突。荒川の土手からは、あの煙突とスカイツリーが重なって見え、なかなか考えさせられますよ」(Nさん)

 八広がある東墨田地域は皮革産業の街。豚革の7割以上がこの地でなめされているという。

「工場がある辺りは、革をなめす香りがします。季節によっては、ここから離れたところを自転車で走っていても、風で香りが運ばれてくる」

 土曜日だからか、雪が降っているからか、産業の街とは思えないほど静か。「ほら、あそこに」とNさんが指し示すところを見ると、豚の革が何枚も何枚も連なって干されていた。赤い着色をした革を大量に重ねて、運んでいる工場の人が前を通った。気軽には話しかけられない、凛(りん)とした雰囲気がある職人さんだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る