• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

認知症の行方不明・事故防止 最も効果的なのは“標識”

GPSなどのハイテク機器もあるが

 厚生労働省の調査によると、認知症患者は462万人(2012年)。65歳以上の高齢者3079万人の約15%に当たる。

 つい最近、NHKも、認知症による行方不明者が全国に9607人(2012年度)と報道。さらに認知症の問題で注目を集めたのはこの4月下旬、名古屋高裁が出した判決だった。
 認知症で徘徊(はいかい)していた男性(91)が列車にはねられた事故で、JR東海が振り替え輸送費など損害賠償を、同居していた遺族の妻(85)に請求した裁判。裁判所が被告の監督責任を認め、360万円の支払いを命じた。

 認知症患者の徘徊は今後も確実に増加していくと思われ、事態はまさに深刻だ。解決策はないのか。
 毎月、30人前後の高齢者(70~80歳)のケア事業を行っている「NPO法人 アットホーム」(東京・町田)の伊東和慶代表が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る