認知症の行方不明・事故防止 最も効果的なのは“標識”

公開日: 更新日:

GPSなどのハイテク機器もあるが

 厚生労働省の調査によると、認知症患者は462万人(2012年)。65歳以上の高齢者3079万人の約15%に当たる。

 つい最近、NHKも、認知症による行方不明者が全国に9607人(2012年度)と報道。さらに認知症の問題で注目を集めたのはこの4月下旬、名古屋高裁が出した判決だった。
 認知症で徘徊(はいかい)していた男性(91)が列車にはねられた事故で、JR東海が振り替え輸送費など損害賠償を、同居していた遺族の妻(85)に請求した裁判。裁判所が被告の監督責任を認め、360万円の支払いを命じた。

 認知症患者の徘徊は今後も確実に増加していくと思われ、事態はまさに深刻だ。解決策はないのか。
 毎月、30人前後の高齢者(70~80歳)のケア事業を行っている「NPO法人 アットホーム」(東京・町田)の伊東和慶代表が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る