認知症の行方不明・事故防止 最も効果的なのは“標識”

公開日:  更新日:

GPSなどのハイテク機器もあるが

 厚生労働省の調査によると、認知症患者は462万人(2012年)。65歳以上の高齢者3079万人の約15%に当たる。

 つい最近、NHKも、認知症による行方不明者が全国に9607人(2012年度)と報道。さらに認知症の問題で注目を集めたのはこの4月下旬、名古屋高裁が出した判決だった。
 認知症で徘徊(はいかい)していた男性(91)が列車にはねられた事故で、JR東海が振り替え輸送費など損害賠償を、同居していた遺族の妻(85)に請求した裁判。裁判所が被告の監督責任を認め、360万円の支払いを命じた。

 認知症患者の徘徊は今後も確実に増加していくと思われ、事態はまさに深刻だ。解決策はないのか。
 毎月、30人前後の高齢者(70~80歳)のケア事業を行っている「NPO法人 アットホーム」(東京・町田)の伊東和慶代表が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る