年間1万人行方不明 「認知症徘徊」家族の責任どこまで?

公開日:  更新日:

 群馬県館林市で7年間身元不明だった認知症の女性(67)が夫と再会し、話題になっている。

 東京都台東区在住だった女性は、07年に東武伊勢崎線の館林駅付近で保護。身元不明のまま同市の民間介護施設に入所していた。一部報道によると、この女性の7年間の生活費の総額は1000万円以上。市が“肩代わり”した費用を家族に請求するのでは、との見方も出ていたが、協議の結果、「求めない」ことを決めたという。女性の家族はひと安心しただろう。

 警察庁によると、認知症による行方不明者は、届け出があるだけで年間1万人前後もいる。決して他人事じゃない。
「徘徊(はいかい)した揚げ句にホームレスのグループに紛れ込み、なかなか見つからないこともある。館林の一件は氷山の一角です」(全国介護者支援協議会の上原喜光理事長)


■鉄道事故で約360万円賠償命令

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る