• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年間1万人行方不明 「認知症徘徊」家族の責任どこまで?

 群馬県館林市で7年間身元不明だった認知症の女性(67)が夫と再会し、話題になっている。

 東京都台東区在住だった女性は、07年に東武伊勢崎線の館林駅付近で保護。身元不明のまま同市の民間介護施設に入所していた。一部報道によると、この女性の7年間の生活費の総額は1000万円以上。市が“肩代わり”した費用を家族に請求するのでは、との見方も出ていたが、協議の結果、「求めない」ことを決めたという。女性の家族はひと安心しただろう。

 警察庁によると、認知症による行方不明者は、届け出があるだけで年間1万人前後もいる。決して他人事じゃない。
「徘徊(はいかい)した揚げ句にホームレスのグループに紛れ込み、なかなか見つからないこともある。館林の一件は氷山の一角です」(全国介護者支援協議会の上原喜光理事長)


■鉄道事故で約360万円賠償命令

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る