年間1万人行方不明 「認知症徘徊」家族の責任どこまで?

公開日: 更新日:

 群馬県館林市で7年間身元不明だった認知症の女性(67)が夫と再会し、話題になっている。

 東京都台東区在住だった女性は、07年に東武伊勢崎線の館林駅付近で保護。身元不明のまま同市の民間介護施設に入所していた。一部報道によると、この女性の7年間の生活費の総額は1000万円以上。市が“肩代わり”した費用を家族に請求するのでは、との見方も出ていたが、協議の結果、「求めない」ことを決めたという。女性の家族はひと安心しただろう。

 警察庁によると、認知症による行方不明者は、届け出があるだけで年間1万人前後もいる。決して他人事じゃない。
「徘徊(はいかい)した揚げ句にホームレスのグループに紛れ込み、なかなか見つからないこともある。館林の一件は氷山の一角です」(全国介護者支援協議会の上原喜光理事長)


■鉄道事故で約360万円賠償命令

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る