• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

列車事故で賠償命令 認知症の親を抱える家族の備えは?

「認知症の人の鉄道事故はこれからどんどん増えるから、全部JRが(破損代や人件費等の)面倒見るのはムリやわぁ」

 松本人志(50)が先日のテレビで、こんな感想をもらしていた。7年前、愛知県大府市に住む認知症男性(当時91)が電車にはねられた死亡事故。男性の遺族がJR東海に賠償を求められ、名古屋高裁が妻に約360万円の支払いを命じた判決に関してだ。

 賠償額は、1審の約720万円から減額されたものの、高齢の妻(91=当時85)に対する非情な判決として受け止めた人は多い。

 メディアの論調は「時代の流れに逆行した判決」(西日本新聞)といったトーンが大半で、週刊朝日に至っては「賠償請求は鉄道会社のエゴ」「線路に簡単に入れるような鉄道を敷く会社にも問題がある」と言い切っている。

 高裁の裁判長は、家族の献身的な介護は認めながらも、過去に男性が2度行方不明になったこと、かなりの資産を有していながらホームヘルパー等を雇うなどの注意態勢を怠ったことを指摘した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る