他社の給与を総チェック 業界別「もらってる企業」ベスト3

公開日:  更新日:

 アイツの給与はいくらか? 他人の懐具合は気になるものだが、同じ業界となればなおさらだ。そこで業界別に2013年度(14年3月期、14年2月期など)の平均給与のトップ3を調べてみた。

■商社とメガバンクはトップ逆転

 高給取りで知られる商社マンは、上位3社すべてが1300万円超え。

「テレビ局と並んで、毎年、平均給与ランキングの上位に顔を出す業界です。今年は伊藤忠商事が昨年トップの三菱商事を抜いてナンバーワンでした」(東京商工リサーチ情報部の増田和史氏)「伊藤忠は非資源部門が好調で、前期(14年3月期)は過去最高益を叩き出した。とにかく勢いがあるので給与も逆転したのでしょう」(業界関係者)

 メガバンクも1位と2位が入れ替わった。昨年は三菱東京UFJ銀行が800万円でトップだったが、今年は三井住友銀行に抜かれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る