大雪で7000人孤立…見通し甘すぎた気象庁に怨嗟の声

公開日:  更新日:

 14日に関東甲信地方を襲った記録的な大雪の影響は、5日目に入った現在も深刻だ。

 交通は至るところで寸断され、あちこちの自治体で7000人以上が孤立している。
 腰の重い政府の対応もひどいが、「いったい何をやってたんだよ!」とブーイングなのが、記録的な大雪を予想できなかった気象庁だ。

 同庁は当初、14日の積雪は多くて東京23区で10センチ、関東甲信でも50センチと見積もっていたが、実際は大ハズレ。山梨県甲府市では114センチと、それまで最多だった49センチの2倍以上を記録した。

 特に批判されているのは、特段の警戒と命を守る行動を呼びかける「大雪特別警報」を発令しなかったことだ。もし「特別警報」を発令していれば、自治体も動き、被害はこれほど広がらなかったのではないか。結局、死者を20人以上も出してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る