• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

災害、疾病、子守り…どんどんサービス拡充する住宅ローン

 住宅ローン金利が過去最低の水準まで下がっている。景気の先行きは不透明で、給料の大幅アップなんて望めない時代だ。マイホーム持ちにとって、さらなる低金利は大歓迎。借り換えで総支払額の圧縮を考えているサラリーマンも多いのではないか。
 もっとも、大手銀行の店頭金利は横並び。ここからどれだけの引き下げを勝ち取れるかは審査次第だ。実際に申し込んでみないと分からない。
 そこで、まずは金利以外のサービスを押さえておこう。最近は各行とも知恵を絞り、いろんな商品をラインアップしている。

 頻発する自然災害に対応した商品を用意しているのが三井住友銀行だ。「地震」「噴火」「津波」で自宅が全壊と認定された場合、住宅ローン残高の50%が保険金によって返済される。顧客の負担は年0.5%の金利上乗せ。被災後に自宅を新築する際に「二重ローン」となる負担を少しでも軽くするのが狙い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  4. 4

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

  9. 9

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  10. 10

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

もっと見る