東京にも3786カ所ある 全国土砂災害「危険マップ」の衝撃

公開日:  更新日:

 改めて局地的豪雨の脅威を知らされた。20日未明に広島市内を襲った土砂崩れの死者・不明者は46人。ここまで被害が拡大したのは、2つの「条件」が重なったからだという。「バックビルディング現象」と「まさ土」である。

 気象庁によると、「バックビルディング現象」とは、積乱雲が同じ場所に連続して発生し、大量の雨が降り続くことだ。

「太平洋に面した暖かく湿った空気の通り道である九州北部、四国で年に数回起きています。東北や関東では、あまり例は聞きません」(気象庁担当者)

 一方、「まさ土」とは、花崗岩の風化によって形成される地質のことだ。岩手大の井良沢道也教授(砂防学)によると、花崗岩は表層崩壊を発生させやすい代表的な地質だという。

「花崗岩地域は降雨が基岩まで浸透しやすい性質で、古くから花崗岩と土砂災害の発生については指摘されています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る