日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

85歳老人が80歳老女に暴走 老親のストーカー防止策

 御年85歳の爺さんが、80歳の知人女性に執拗に交際を迫ったストーカー事件。奈良県警に逮捕された無職の新田武雄容疑者(85)は、すでに同じ婆さんからストーカー被害で訴えられ、今年1月に脅迫の罪で罰金刑を食らっていた。
 それでも懲りずに何度も電話。留守電に「待ってるで、出てこいよ」などと伝言を残し、先月2日には婆さん宅に無断で侵入して再逮捕だ。
 新田容疑者は「一目会いたい気持ちもあったが、1月に逮捕された恨みで文句も言いたかった」と供述、かなり悶々としていたのだろう。

 警察庁によれば、昨年1年間に60代以上の高齢者が加害者となったストーカー犯罪は1919件、10年前の約4倍に増えた。全国介護者支援協議会の上原喜光理事長は、「“老老ストーカー”は今後も確実に増えます。中年サラリーマンにとって、老いた親のストーカー化は他人事ではありません」と警鐘を鳴らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事