「高齢者ストーカー対策」ヒントは老人ホームにあり

公開日: 更新日:

 老人と性――。急速に進む高齢化社会の中で、実に厄介なテーマとして浮上している。性欲は食欲と一緒で、持って生まれた本能。健康で体力があれば加齢には関係がない。まして、元気印の高齢者が増え、性欲が高じてストーカーに走りテレビのワイドショーを賑わすようなケースも起こっている。対応策はあるのか。ヒントは日々、この種のトラブルに向き合っている老人ホームにある。

「高齢者のストーカーには大きく2つのパターンがあります」

 こう語るのは、ストーカー犯罪に詳しい警視庁の元警視長、久冨木正嗣氏だ。

「仲が良かった夫婦や恋人同士でも、関係に亀裂が走ると、執拗に追い求める。結果的に悲惨な犯罪を招くことがあり、最寄りの警察署に相談すること。もうひとつは、片思いです。一方的に好きになり、相手が断ってもダメで、もんもんとした心理状態になり、やがてストーカーになる。この場合、まず家族か、勤め先の上司など第三者に相談し、対処する知恵を受けることです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る