「高齢者ストーカー対策」ヒントは老人ホームにあり

公開日: 更新日:

 老人と性――。急速に進む高齢化社会の中で、実に厄介なテーマとして浮上している。性欲は食欲と一緒で、持って生まれた本能。健康で体力があれば加齢には関係がない。まして、元気印の高齢者が増え、性欲が高じてストーカーに走りテレビのワイドショーを賑わすようなケースも起こっている。対応策はあるのか。ヒントは日々、この種のトラブルに向き合っている老人ホームにある。

「高齢者のストーカーには大きく2つのパターンがあります」

 こう語るのは、ストーカー犯罪に詳しい警視庁の元警視長、久冨木正嗣氏だ。

「仲が良かった夫婦や恋人同士でも、関係に亀裂が走ると、執拗に追い求める。結果的に悲惨な犯罪を招くことがあり、最寄りの警察署に相談すること。もうひとつは、片思いです。一方的に好きになり、相手が断ってもダメで、もんもんとした心理状態になり、やがてストーカーになる。この場合、まず家族か、勤め先の上司など第三者に相談し、対処する知恵を受けることです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

もっと見る