• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「高齢者ストーカー対策」ヒントは老人ホームにあり

 老人と性――。急速に進む高齢化社会の中で、実に厄介なテーマとして浮上している。性欲は食欲と一緒で、持って生まれた本能。健康で体力があれば加齢には関係がない。まして、元気印の高齢者が増え、性欲が高じてストーカーに走りテレビのワイドショーを賑わすようなケースも起こっている。対応策はあるのか。ヒントは日々、この種のトラブルに向き合っている老人ホームにある。

「高齢者のストーカーには大きく2つのパターンがあります」

 こう語るのは、ストーカー犯罪に詳しい警視庁の元警視長、久冨木正嗣氏だ。

「仲が良かった夫婦や恋人同士でも、関係に亀裂が走ると、執拗に追い求める。結果的に悲惨な犯罪を招くことがあり、最寄りの警察署に相談すること。もうひとつは、片思いです。一方的に好きになり、相手が断ってもダメで、もんもんとした心理状態になり、やがてストーカーになる。この場合、まず家族か、勤め先の上司など第三者に相談し、対処する知恵を受けることです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る