私大人気ランクに異変 理系ダウン&ミッション系急伸のワケ

公開日:  更新日:

 受験シーズン真っただ中。気になるのは今年の人気大学だ。私大志願者数(中間発表=別表)をみると、10万人を超えたのは明大、早大のみ。昨年トップの近大が志願者を少し減らしている。

 今年は大卒就職率アップの影響で文系人気が回復した。

「経済、経営、法学部に志願者が集まっています。就職がしやすくなると、受験生は入学後の勉強が大変な理系を避ける傾向があります。薬学部、理学部の人気が落ちています」(教育業界関係者)

 確かに、東京理科大、芝浦工大、千葉工大といった理系学校は伸び悩んでいる。

 専門家は今年の傾向をどう見ているのか。「大学通信」ゼネラルマネジャーの安田賢治氏がこう言う。

「前年比100%を超えた大学は文系イメージが強く、ハイソという特徴があります。立大、青学大、慶大、上智大、成城大などです。現役安定志向でおっとりしている学生が増え、ガツガツしたイメージを好まない。また、グローバル化が世間の話題になり、“英語が強い”イメージのあるミッション系の大学が伸びています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る