日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前代未聞 「女子大受験」で提訴した20代男性の言い分

「女子大を受験したい」――。福岡県在住の20代の男性が公立福岡女子大(福岡市)に入学願書を受理されなかったことを「不当な性差別で違憲だ」として福岡地裁に提訴した。不受理処分の取り消しと慰謝料約66万円の支払いを求めている。

 男性の代理弁護士の作花知志氏によると、男性は性同一性障害ではなく、栄養士の資格を取るために同女子大の食・健康学科を志望しているという。

「男性は経済的な余裕がないため、自宅から通える公立の福岡女子大を志望しているのです。2013年と14年の秋に願書を出したものの、受理できないという理由で送り返されました。地裁の判決が2月の入学試験に間に合わなくとも、裁判所が受験資格を認めれば、試験のやり直し義務が発生すると考えています」

■大学の自治権との整合性

 普通の男性が女子大の受験を求めて提訴とは前代未聞のこと。裁判になれば、どんな判決が考えられるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事