前代未聞 「女子大受験」で提訴した20代男性の言い分

公開日: 更新日:

「女子大を受験したい」――。福岡県在住の20代の男性が公立福岡女子大(福岡市)に入学願書を受理されなかったことを「不当な性差別で違憲だ」として福岡地裁に提訴した。不受理処分の取り消しと慰謝料約66万円の支払いを求めている。

 男性の代理弁護士の作花知志氏によると、男性は性同一性障害ではなく、栄養士の資格を取るために同女子大の食・健康学科を志望しているという。

「男性は経済的な余裕がないため、自宅から通える公立の福岡女子大を志望しているのです。2013年と14年の秋に願書を出したものの、受理できないという理由で送り返されました。地裁の判決が2月の入学試験に間に合わなくとも、裁判所が受験資格を認めれば、試験のやり直し義務が発生すると考えています」

■大学の自治権との整合性

 普通の男性が女子大の受験を求めて提訴とは前代未聞のこと。裁判になれば、どんな判決が考えられるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る