「卒業せず」10万人突破も…“就職留年は逆効果”と採用側

公開日: 更新日:

「あの会社に入りたいので就職留年する」――。こんな大学生が増えている。読売新聞が実施した「大学の実力」調査によると、この春、卒業学年で留年した学生は、前年より3445人増の10万2810人もいた。6人に1人に上る。大学の就職担当者によると、内定を辞退して留年を選ぶ学生が目立つという。

 第1志望の会社から内定をもらえなかったため、就職浪人して再チャレンジするわけだが、そううまくいくものなのか。

「どの企業の採用担当者も“就職留年は逆効果”と否定的です」と厳しい実態を語るのは人事コンサルタントの菅野宏三氏だ。

「ほとんどの学生が有名企業を狙いますが、前年にその会社で不採用だった、あるいは大手の他社から落とされたという人を人事担当者は警戒します。“能力が低いから落ちたんだ”と判断するからです。大企業に入りたいだけのブランド志向とみられることもある。筆記試験で現役学生の当落ラインが60点の場合、留年生は80点は取らなきゃ合格できません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る