時計と靴は昔の話…銀座のママは「メガネ」でオトコを見る

公開日:  更新日:

 日本のメガネ人口は約6000万人。世界に冠たるメガネ大国だが、見た目に頓着しない人が意外に多い。実は銀座のママたちは、男客のメガネ姿をじっくり観察している。

 銀座のママは、“できる男”の判別にかけては天下一品の眼力を持つ。

 ひと昔前まで男の“将来性”を測るモノサシは時計と靴だったが、最近はこれにメガネも加わったという。

「時計を見れば男の年収が分かり、靴で将来の出世が分かる。靴を磨き上げている男は気配りができ、そういった男性は経験上、必ず出世します」

 銀座に店を持つベテランママが「けれどね……」と言って続ける。

「最近は、若い人でも車を買わずに高価な時計をしている場合もあるし、必ずしも当てはまらなくなってきた。最近はメガネを見て、流行に敏感とか、その男性のこだわりを見ますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る