“老いの不便”をしっかりサポート 厳選「シニアお助けグッズ」

公開日:  更新日:

 ビンの蓋がなかなか開けられない、小さな音が聞こえにくい……。年を取ると、若い頃は簡単にできていたことができなくなりガッカリする。眼鏡の置き場所をうっかり忘れるくらいなら笑い話だが、フロで転倒したら一大事。いまこうした“老化”をサポートするお助けグッズが花盛りだ。

■行動の不便

 老眼鏡が手放せない人は多い。でも困るのは、その扱い。「ペンダント式眼鏡掛け」(写真(1))は、紐の先にリングが付いており、眼鏡のツルをひっかけるだけで置き忘れを防ぐ。外出先でも便利だ。眼鏡チェーンと違って革紐の長さは調節自在、眼鏡も畳んだ状態なので邪魔にならない。

「リングがシンプルなので男性に人気。5年ほど前にテレビ通販で眼鏡とセットで販売したところ評判になりました。今は通販で取り扱っています」(オプティ・ユーロ企画部・中川氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る