• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“老いの不便”をしっかりサポート 厳選「シニアお助けグッズ」

 ビンの蓋がなかなか開けられない、小さな音が聞こえにくい……。年を取ると、若い頃は簡単にできていたことができなくなりガッカリする。眼鏡の置き場所をうっかり忘れるくらいなら笑い話だが、フロで転倒したら一大事。いまこうした“老化”をサポートするお助けグッズが花盛りだ。

■行動の不便

 老眼鏡が手放せない人は多い。でも困るのは、その扱い。「ペンダント式眼鏡掛け」(写真(1))は、紐の先にリングが付いており、眼鏡のツルをひっかけるだけで置き忘れを防ぐ。外出先でも便利だ。眼鏡チェーンと違って革紐の長さは調節自在、眼鏡も畳んだ状態なので邪魔にならない。

「リングがシンプルなので男性に人気。5年ほど前にテレビ通販で眼鏡とセットで販売したところ評判になりました。今は通販で取り扱っています」(オプティ・ユーロ企画部・中川氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る