“老いの不便”をしっかりサポート 厳選「シニアお助けグッズ」

公開日:  更新日:

 ビンの蓋がなかなか開けられない、小さな音が聞こえにくい……。年を取ると、若い頃は簡単にできていたことができなくなりガッカリする。眼鏡の置き場所をうっかり忘れるくらいなら笑い話だが、フロで転倒したら一大事。いまこうした“老化”をサポートするお助けグッズが花盛りだ。

■行動の不便

 老眼鏡が手放せない人は多い。でも困るのは、その扱い。「ペンダント式眼鏡掛け」(写真(1))は、紐の先にリングが付いており、眼鏡のツルをひっかけるだけで置き忘れを防ぐ。外出先でも便利だ。眼鏡チェーンと違って革紐の長さは調節自在、眼鏡も畳んだ状態なので邪魔にならない。

「リングがシンプルなので男性に人気。5年ほど前にテレビ通販で眼鏡とセットで販売したところ評判になりました。今は通販で取り扱っています」(オプティ・ユーロ企画部・中川氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る