シニアに人気の「男の料理教室」は家族の仲も取り持つ

公開日: 更新日:

 50代、60代といったシニア層を対象とした「料理教室」が人気だ。

 かつては、帰宅後「風呂、メシ、寝る」が日本人オヤジの定番だった。家庭の大黒柱が台所に立つなど、ひと昔前ならおよそ考えられなかった。それが今や、頭にバンダナ、胸にエプロンをつけて包丁を握る姿も珍しくない。なぜ、オヤジは料理に向かうのか? 男性シニア層だけで年間6500人も受講している料理教室主催の「一般財団法人 ベターホーム協会」(本部=東京・渋谷)を訪ねた。

 同協会は半世紀前に発足、当初は主婦たちを中心にした消費者組織だった。30年前、コメのとぎ方、青菜のゆで方など、料理の基本を科学的に検証した講習会を開催。約1万人の参加者を数えた。本格的な料理教室を開いたのはこのあたりからで、20年前に早くも「60歳からの男の基本料理」コースを立ち上げている。

 現在、全国18カ所(東京、大阪、名古屋、札幌、福岡など)に「料理教室」を開講。首都圏にある「男性クラス教室」だけでも、渋谷、池袋、銀座、横浜、千葉などに広がっている。

「協会の男性受講者にアンケートをとってみると、料理を習おうとした動機は、奥さまから『私がいなくなったら、食事はどうするの?』と聞かれたこと。定年退職した後、少しでも妻の手助けになれば、という優しい気持ちが起こった、と回答しています」(同協会企画部広報課主任・長柄櫻子さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感