シニアに人気の「男の料理教室」は家族の仲も取り持つ

公開日: 更新日:

 50代、60代といったシニア層を対象とした「料理教室」が人気だ。

 かつては、帰宅後「風呂、メシ、寝る」が日本人オヤジの定番だった。家庭の大黒柱が台所に立つなど、ひと昔前ならおよそ考えられなかった。それが今や、頭にバンダナ、胸にエプロンをつけて包丁を握る姿も珍しくない。なぜ、オヤジは料理に向かうのか? 男性シニア層だけで年間6500人も受講している料理教室主催の「一般財団法人 ベターホーム協会」(本部=東京・渋谷)を訪ねた。

 同協会は半世紀前に発足、当初は主婦たちを中心にした消費者組織だった。30年前、コメのとぎ方、青菜のゆで方など、料理の基本を科学的に検証した講習会を開催。約1万人の参加者を数えた。本格的な料理教室を開いたのはこのあたりからで、20年前に早くも「60歳からの男の基本料理」コースを立ち上げている。

 現在、全国18カ所(東京、大阪、名古屋、札幌、福岡など)に「料理教室」を開講。首都圏にある「男性クラス教室」だけでも、渋谷、池袋、銀座、横浜、千葉などに広がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る