シニアに人気の「男の料理教室」は家族の仲も取り持つ

公開日:  更新日:

 50代、60代といったシニア層を対象とした「料理教室」が人気だ。

 かつては、帰宅後「風呂、メシ、寝る」が日本人オヤジの定番だった。家庭の大黒柱が台所に立つなど、ひと昔前ならおよそ考えられなかった。それが今や、頭にバンダナ、胸にエプロンをつけて包丁を握る姿も珍しくない。なぜ、オヤジは料理に向かうのか? 男性シニア層だけで年間6500人も受講している料理教室主催の「一般財団法人 ベターホーム協会」(本部=東京・渋谷)を訪ねた。

 同協会は半世紀前に発足、当初は主婦たちを中心にした消費者組織だった。30年前、コメのとぎ方、青菜のゆで方など、料理の基本を科学的に検証した講習会を開催。約1万人の参加者を数えた。本格的な料理教室を開いたのはこのあたりからで、20年前に早くも「60歳からの男の基本料理」コースを立ち上げている。

 現在、全国18カ所(東京、大阪、名古屋、札幌、福岡など)に「料理教室」を開講。首都圏にある「男性クラス教室」だけでも、渋谷、池袋、銀座、横浜、千葉などに広がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  7. 7

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  8. 8

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  9. 9

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る