CDリリース、コンサート開催…楽器嗜むシニアの懐具合

公開日:  更新日:

<プロにはならないまでも、セミプロ並みにギターやピアノ、ドラムを演奏してみたい>
<マイク片手にカラオケもいいけど、カンツォーネ(イタリア)、シャンソン(フランス)、ジャズ(米国)なども歌えないか…>

 音楽に興味を持つ人口は、総務省統計局によると、500万~600万人(2012年「経済センサス」活動調査から)。
 そのうち、シニア層は公的なデータはないが、「ヤマハ大人の音楽レッスン」の生徒数(2010年)は、3年前の約4倍となる約11万人に増えているという。
 時間や生活にゆとりができたシニア層が、音楽にも関心を示しているのだろうか。
 だが、問題は楽器演奏や歌唱の練習にしても、わが国の住宅事情。近隣住民の迷惑を考えると前に進めない。さて、どうするか。

 ことし6月、大手商社を定年退職した西高志さん(63=写真右)は、サラリーマン時代から音楽を続け、デュオボーカルグループ「AIR」としてすでに3枚のCDを出している音楽家である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る