CDリリース、コンサート開催…楽器嗜むシニアの懐具合

公開日:  更新日:

<プロにはならないまでも、セミプロ並みにギターやピアノ、ドラムを演奏してみたい>
<マイク片手にカラオケもいいけど、カンツォーネ(イタリア)、シャンソン(フランス)、ジャズ(米国)なども歌えないか…>

 音楽に興味を持つ人口は、総務省統計局によると、500万~600万人(2012年「経済センサス」活動調査から)。
 そのうち、シニア層は公的なデータはないが、「ヤマハ大人の音楽レッスン」の生徒数(2010年)は、3年前の約4倍となる約11万人に増えているという。
 時間や生活にゆとりができたシニア層が、音楽にも関心を示しているのだろうか。
 だが、問題は楽器演奏や歌唱の練習にしても、わが国の住宅事情。近隣住民の迷惑を考えると前に進めない。さて、どうするか。

 ことし6月、大手商社を定年退職した西高志さん(63=写真右)は、サラリーマン時代から音楽を続け、デュオボーカルグループ「AIR」としてすでに3枚のCDを出している音楽家である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る