CDリリース、コンサート開催…楽器嗜むシニアの懐具合

公開日: 更新日:

<プロにはならないまでも、セミプロ並みにギターやピアノ、ドラムを演奏してみたい>
<マイク片手にカラオケもいいけど、カンツォーネ(イタリア)、シャンソン(フランス)、ジャズ(米国)なども歌えないか…>

 音楽に興味を持つ人口は、総務省統計局によると、500万~600万人(2012年「経済センサス」活動調査から)。
 そのうち、シニア層は公的なデータはないが、「ヤマハ大人の音楽レッスン」の生徒数(2010年)は、3年前の約4倍となる約11万人に増えているという。
 時間や生活にゆとりができたシニア層が、音楽にも関心を示しているのだろうか。
 だが、問題は楽器演奏や歌唱の練習にしても、わが国の住宅事情。近隣住民の迷惑を考えると前に進めない。さて、どうするか。

 ことし6月、大手商社を定年退職した西高志さん(63=写真右)は、サラリーマン時代から音楽を続け、デュオボーカルグループ「AIR」としてすでに3枚のCDを出している音楽家である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る