樹木葬や散骨で注目度あがる「永代供養墓」の“お値段”

公開日: 更新日:

 いま都心部で石碑の墓を建てるには金がかかる。公営の墓地でさえ使用料が数百万円。人気の都立青山霊園などはちょっと広いと使用料は1000万円超え。さらに墓石代がかかる。しかも抽選制で当選倍率は20倍近くと、サラリーマンには“高根の花”だ。それに代わって近年、注目度が上がる“新しい墓”は――。

「ここ数年、入る墓がない、子どもに迷惑をかけたくない、また経済的事情などさまざまな理由から、永代供養墓に注目が集まっています。永代供養であればお寺や墓地の職員が供養や墓掃除を基本的に永久に行ってくれるので、墓を継ぐ人がいなくても無縁化しませんし、新たに石碑の墓をつくる費用よりも安く済む。先祖代々の墓が遠い私自身も、考えています」

 こう言うのは「墓と葬式の見積りをとってみた」(新潮社)の著者の神舘和典氏だ。たしかに、先祖の墓が地方だったり、自宅から遠い場合は選択肢のひとつだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る