買う?借りる?「シニアマンション」価格より大事なポイント

公開日: 更新日:

 老後の住まいをどうするか。自宅に住み続けるとしても、万が一、要介護になったら不安だ。だからといって、すんなりと特別養護老人ホームに入所できるとは限らない。そんな不安の受け皿が、民間業者が提供する「シニア向け分譲マンション」だ。「価格4000万円、月額費用15万円」といった具合に高額だが、自宅を売却して入居する人もいる。考えておくべきなのか。

 ファイナンシャルプランナー・紀平正幸氏が言う。
「シニア向けのマンションを購入しようとする時に注意したいのは、費用よりもサービスの内容と条件です。チラシなどには、分譲の『所有権』がうたわれていても、寝たきりに近い要介護度4になると、受け入れを拒否されるケースがあります。“シニアサービス”は、もちろん介護サービスのことですが、これも施設ごとにまちまち。内部に内科と介護施設を併設しているところもあれば、外部のクリニックや業者に委託するところもあります。重要事項説明書と契約書は要チェックです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る