• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3年前は茨城で被害 “春一番吹かず”の夏は「巨大竜巻」が襲う

 おかしな天気が続く。東京では桜の開花後に雪が降ったかと思えば、高知・土佐清水では観測史上最高となる3時間雨量が216ミリを記録。九州や四国に広く豪雨をもたらした雨雲は14日、東海や関東の太平洋沿岸を水浸しにした。春先にこれでは、梅雨から夏が思いやられる。

 ウェザーマップの気象予報士・高橋和也氏が言う。

「土佐清水の3時間で200ミリ超の雨量は異例ですが、2年前の4月6日から7日にかけては、海老名230ミリ、箱根160ミリ、日吉150ミリなど神奈川県内で激しい雨量を記録しました。どちらも前線と低気圧のダブルパンチの結果で、条件によってはいつでも起こり得ます。この先も十分な注意が必要です」

 今週末は全国的に晴天に恵まれるようだが、油断禁物だ。日本の南・父島から沖縄諸島にかけての海面水温が、3月まで平年並みだったのに4月に入って1~2度上昇している。今のところ21~24度ながら、このまま夏になれば、海面水温は例年以上に高くなる。26度以上になると、先日バヌアツを襲ったようなスーパー台風が生まれる条件ができるが、夏の沖縄近海は26度以上なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る