3年前は茨城で被害 “春一番吹かず”の夏は「巨大竜巻」が襲う

公開日: 更新日:

 おかしな天気が続く。東京では桜の開花後に雪が降ったかと思えば、高知・土佐清水では観測史上最高となる3時間雨量が216ミリを記録。九州や四国に広く豪雨をもたらした雨雲は14日、東海や関東の太平洋沿岸を水浸しにした。春先にこれでは、梅雨から夏が思いやられる。

 ウェザーマップの気象予報士・高橋和也氏が言う。

「土佐清水の3時間で200ミリ超の雨量は異例ですが、2年前の4月6日から7日にかけては、海老名230ミリ、箱根160ミリ、日吉150ミリなど神奈川県内で激しい雨量を記録しました。どちらも前線と低気圧のダブルパンチの結果で、条件によってはいつでも起こり得ます。この先も十分な注意が必要です」

 今週末は全国的に晴天に恵まれるようだが、油断禁物だ。日本の南・父島から沖縄諸島にかけての海面水温が、3月まで平年並みだったのに4月に入って1~2度上昇している。今のところ21~24度ながら、このまま夏になれば、海面水温は例年以上に高くなる。26度以上になると、先日バヌアツを襲ったようなスーパー台風が生まれる条件ができるが、夏の沖縄近海は26度以上なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  7. 7

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る