気象庁HPに予兆 予知連はアテならず「危ない山」見抜き方

公開日: 更新日:

「火山噴火予知連絡会」が頼りにならない以上、自分で“予測”するしかない。今度の御嶽山噴火で、そう思った登山者も多いはずだ。

 御嶽山は、噴火で被害が出る恐れのある火山の中で、特に危険な23火山のひとつだった。気象庁によると、御嶽山で火山性地震が9月9日に10回、同10日に52回、同11日に85回観測されている。民間では、M6以上の地震をズバズバ的中させる測量工学の村井俊治氏(東大名誉教授)は同28日、自身のツイッター上で、「火山噴火は予測できませんでした。しかし電子基準点に異常変動が前兆のようにして出ていました」「2月の初めに2週間続けて御嶽山に近い高山と王滝に異常変動」「5月の初めに(御嶽山で)群発地震がありました」と書き込んだ。要警戒のデータは出ていたのである。予知連は責任逃れに終始しているが、“予兆”はやはり、あったのだ。

■素人でもわかる

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  4. 4

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    コロナ禍で強行 麻生派「飲食なし」2万円パーティーの中身

  8. 8

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  9. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  10. 10

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

もっと見る