海洋気象の専門家警告 バヌアツ並み巨大台風が日本を襲う日

公開日: 更新日:

 木々がなぎ倒され、家々がペシャンコにつぶされた光景にゾッとした人も多いのではないか。南太平洋の島国・バヌアツを襲った大型サイクロン・パムのことだ。損壊住宅は約3万3000戸、被災者は約16万人に上るが、まだ復旧半ばで、被害がさらに膨らむ恐れがあるという。

 パムの中心気圧は896ヘクトパスカル。最大瞬間風速は75メートルと、車も吹っ飛ぶ暴風だった。サイクロンと台風の違いは、発生エリアの違いで、決して遠い南の島の話ではない。気象現象としては同じで、日本にも同じような猛烈な強さの台風が接近する恐れがあるらしい。

 海洋研究開発機構アプリケーションラボ所長・山形俊男氏が言う。

「バヌアツ周辺は、海面水温が例年より1~2度高く、いつも以上に水蒸気が発生しやすいため、積乱雲が発達しやすい。そこにサイクロンのもとになった積乱雲の大群が西から移動してきて、サイクロンがどんどん発達。カテゴリー5の最強クラスに発達したのです。昨年8月に日本を襲った台風11号は発生当初920ヘクトパスカルで、パムと同じカテゴリー5。日本接近時は950ヘクトパスカル前後まで弱まりましたが、あのクラスの台風が勢力をキープできるような気象条件が重なると、危ない。その条件とは、“海面水温の1~2度上昇”と“水深100メートルの水温が26度になること”です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る