海洋気象の専門家警告 バヌアツ並み巨大台風が日本を襲う日

公開日:  更新日:

 木々がなぎ倒され、家々がペシャンコにつぶされた光景にゾッとした人も多いのではないか。南太平洋の島国・バヌアツを襲った大型サイクロン・パムのことだ。損壊住宅は約3万3000戸、被災者は約16万人に上るが、まだ復旧半ばで、被害がさらに膨らむ恐れがあるという。

 パムの中心気圧は896ヘクトパスカル。最大瞬間風速は75メートルと、車も吹っ飛ぶ暴風だった。サイクロンと台風の違いは、発生エリアの違いで、決して遠い南の島の話ではない。気象現象としては同じで、日本にも同じような猛烈な強さの台風が接近する恐れがあるらしい。

 海洋研究開発機構アプリケーションラボ所長・山形俊男氏が言う。

「バヌアツ周辺は、海面水温が例年より1~2度高く、いつも以上に水蒸気が発生しやすいため、積乱雲が発達しやすい。そこにサイクロンのもとになった積乱雲の大群が西から移動してきて、サイクロンがどんどん発達。カテゴリー5の最強クラスに発達したのです。昨年8月に日本を襲った台風11号は発生当初920ヘクトパスカルで、パムと同じカテゴリー5。日本接近時は950ヘクトパスカル前後まで弱まりましたが、あのクラスの台風が勢力をキープできるような気象条件が重なると、危ない。その条件とは、“海面水温の1~2度上昇”と“水深100メートルの水温が26度になること”です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る