「捕鯨国の言い分伝える」日本人女性監督が映画製作資金募集

公開日: 更新日:

 先日、茨城県の海岸に156頭のイルカが打ち上げられた。住民の懸命な救出策も実らず、ほとんどが命を落とした。弱いものに手を差し伸べるのは日本人の国民性だが、世界ではむしろ「鯨を殺す野蛮な国」と見なされている。

 そんな捕鯨問題に注目しているのが、ニューヨーク在住のドキュメンタリー映画監督の佐々木芽生氏(53)だ。なぜ鯨を食べてはいけないのか。

「豪、欧米では、鯨やイルカは賢くて特別な動物であるから“殺して食べて”はいけないという認識です。では、知能の低い動物は食べていいのかと言うと押し黙る。欧米の反捕鯨国の彼らは、自分と違う価値観を理解できないのかもしれない。これはイスラムとの対立においても、同じことが言えるでしょう」

■きっかけは「ザ・コーヴ」に感じた違和感

 佐々木監督は、映画の製作資金をネット上のクラウドファンディング「A-port」(目標額1500万円)で募集中。早くも230万円超の賛助金が集まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  7. 7

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る