「捕鯨国の言い分伝える」日本人女性監督が映画製作資金募集

公開日: 更新日:

 先日、茨城県の海岸に156頭のイルカが打ち上げられた。住民の懸命な救出策も実らず、ほとんどが命を落とした。弱いものに手を差し伸べるのは日本人の国民性だが、世界ではむしろ「鯨を殺す野蛮な国」と見なされている。

 そんな捕鯨問題に注目しているのが、ニューヨーク在住のドキュメンタリー映画監督の佐々木芽生氏(53)だ。なぜ鯨を食べてはいけないのか。

「豪、欧米では、鯨やイルカは賢くて特別な動物であるから“殺して食べて”はいけないという認識です。では、知能の低い動物は食べていいのかと言うと押し黙る。欧米の反捕鯨国の彼らは、自分と違う価値観を理解できないのかもしれない。これはイスラムとの対立においても、同じことが言えるでしょう」

■きっかけは「ザ・コーヴ」に感じた違和感

 佐々木監督は、映画の製作資金をネット上のクラウドファンディング「A-port」(目標額1500万円)で募集中。早くも230万円超の賛助金が集まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る